【interview】小売 セブンズ店長 山田夕里亜

INTERVIEW / 2019.05.21


・入社してからどのくらい経ちましたか?

6年前にレディース事業部にアルバイトとして入社し、その後sevens横浜店へと異動しました。そこから社員を目指すようになり、約1年前に念願の社員契約となりました。現在はsevens竹下店で店長として店舗に立ち日々奮闘しています。

・日々の業務内容を教えてください。

店長として店舗に立ち、現状の売れ行きを分析しながら売場変更やアルバイトスタッフの教育を担っております。店舗業務とは別に、新品アパレル全般の国内メーカーからの商材仕入、海外仕入の在庫管理から追加まで担当しています。

・アートユニオンでのやりがいは何ですか?

特にやりがいを感じる事は、自分が仕入れた商品が実際に店頭に並び、それが売上に繋がり実績が出たときです。全店の売上をサポートできたという達成感は非常にやりがいを感じます。

・苦しかったこと、大変だったことはありますか?

店長になったばかりの時は、店長業務を覚える事はもちろん、店舗のレイアウト、商材やスタッフの事といった店舗の全てを管理する立場に日々頭がパンクしていました(笑)それらの事を上司にアドバイスを頂いたり他店の店長に相談に乗ってもらったりしてコツを覚えていき店長として初めて月の売上予算を達成したという結果が出た時はとても嬉しかったです。

・これからの抱負

更なる店舗の売上向上はもちろん、商品管理業務の質やバイトスタッフの育成に力をより入れていき、sevens全体が盛り上がるよう頑張っていきたいです!

PREVIOUS